IoTスマートハブラシと歯科医院向けクラウドサービスを連携させた予防歯科サービス開始

サンスターと富士通が、IoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と、歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを2018年1月31日より開始します。

歯の健康を維持する為には、毎日の自宅での予防歯科行動が非常に大切で、それを歯科医師とともにサポートするサービスです。
歯科医院向けクラウドサービスに保存された患者の口腔情報とIoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY」に蓄積した日々の歯みがき情報を連動させます。

これらの情報を歯科医師や歯科衛生士が確認することで、よりパーソナライズされた歯科指導が可能になり、積極的な予防歯科を促進できます。
今後は2020年までに約500の歯科医院への新サービス導入を目指します。

管理人のつぶやき

歯医者は供給過多でコンビニより多く競争も激しい。
単なる治療だけでなく、矯正や審美歯科など差別化ができないと収入を得られない。
その差別化を図る一つの方法として予防というのが今後広がっていくと思う。

予防というと、虫歯の治療に来た患者に対して、
「歯の磨き方を教える」というのが真っ先に浮かぶが、
それだけだとその場限りで終わってしまう。
数ヶ月に一度の定期検診を促し、はがきなどで通知してくれる病院もあるが、
通院から時間が経ち、虫歯の痛みを忘れてしまうと面倒になって行かなくなる。

一度の指導で終わらず、定期的に通院してもらうことで、
患者にとっては効果的な虫歯予防が行えて、歯医者にとっては定期収入の得られるそんなサービスが、
このクラウド連携の先進予防歯科サービスになる。

患者は通院先で指導を受けた、みがき方の癖やみがき残しの状態に合わせた最適な歯みがきの手順や時間配分を設定し、
それにあった指示に従い歯を磨き、歯磨き状況を確認できる。

歯医者は歯磨き状況をクラウドを通じて診て、患者の歯の状況を知ることができる。
磨き残しが多かったり、それが続けば虫歯になる可能性が高くので、注意や検診を促せる。
数ヶ月に一度葉書で検診を促すより、普段から診ていた上で検診を促した方が通院してもらいやすい。
定期的に通院してもらうことで治療よりも確実な定期収入になるので、歯医者の新たな収入源になる。

患者、歯医者の双方にとってメリットが高く、今後普及していくサービスになるのでは?
学校で導入し、全生徒の歯の状況、歯磨きチェックを行うところも出てくると思う。

歯の治療は削って埋めるだけで、一度虫歯になったら元通りにすることはできない。
治療より予防の意識が高まる中で、自宅いながら歯医者のアドバイスとチェックが受けられるサービスは、
今後他にも出てくるだろう。

歯医者に治療しに行くようにその場所まで行かないとしてもらえないことが、
IoT技術を駆使することで自宅にいながら、きめ細かいサポートをしてもらえるそんなサービスが今後増えると思う。

参考サイト

サンスターと富士通、IoTスマートハブラシと歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを販売開始

G・U・M PLAY