タレントやユーチューバーと二人きりでチャットできる?「fanicon(ファニコン)」公開

タレントやユーチューバーと二人きりでチャットできる?かもしれないアプリ「fanicon(ファニコン)」が、THECOO株式会社から公開されました。

タレントやインスタグラマー・ユーチューバーなどのインフルエンサーの活動をコアなファンと一緒に盛り上げる会員制のファンコミュニティアプリです。
従来のファンコミュニティは、所属事務所が運営するのが一般的で、事務所側から一方的にファンに送られていました。
それに対し「fanicon(ファニコン)」は、アプリ内の様々なツールで、ファンとの双方向のコミュニケーションが可能です。
また課金制を採用しているので、コアファンのみのコミュニティーになりやすく、インフルエンサーにとって優しく安全なコミュニティが形成できます。

機能一覧

シーン


ファン全体に向けて表示されるつぶやき。
(※Twitterのタイムラインのイメージ)

トーク


ファンとアイコンが1:1でコミュニケーションを取れる空間。

グルチャ


アイコンと、複数人のファンでコミュケーションする空間。

ライブ配信


fanicon内で限定のライブ配信をすることが可能です。

スクラッチ機能


faniconにしかない、ポイント制のスクラッチ機能。

管理人のつぶやき

ぱっと見よくありそうなファンアプリで、目新しいところはなさそうだったけど、一つだけトーク機能が気になった。

公開状態とかグループでチャットするならありそうだけど、1対1でトークできる機能は他のアプリにはないよね?
テレビの中だけのアイドルが、会いに行けるようになり、握手が出来て、ついに1対1でトークできるようになったかって感じ。
ネットならちょっとした空き時間にできるし、実際に会うよりも気軽にできるからファンとの交流がしやすいと思う。

ただ、今まではテレビ、コンサート会場など限られた場所、時間で行っていたファンサービスが、私生活の一部までに入り込む可能性が出てくるから、
うまく両立できないとオンオフの切り替えが大変そう・・・とはいえ、やらないと人気も出ないし維持でもできない。
ネットで便利になる反面、今までよりもやることが増えて大変になってしまうこともあるのかな。

トーク機能は、もろはの剣?

トーク機能はファンにとっては夢のようなツールだけど、ファンとの距離が親密になりすぎるとトラブルの温床になりそう。
課金させてトークできる人を絞ってもそれは同じ。
事務所か運営会社が監視して適切なアドバイスをするとか、何かあれば関係機関に履歴を提出するとかの警告文をどこかに書いておくなりしておく必要があるのでは?

うまく運営することで、テレビ出演や目立った活動なしに、ネット上だけで有名人になったり、コアファンが何人もついたりする人が出てくるかも。。

参考サイト

タレントやインフルエンサーが独自に形成する “会員制ファンコミュニティアプリ”「fanicon(ファニコン)」2017年12月7日ローンチ

fanicon