楽天証券がFX投資情報サービス「テクナビ」をリリース

短期・中期・長期におけるテクニカル指標分析結果を、矢印で表示する情報サービス。初心者でも、簡単に傾向をつかむことができるらしい。
楽天FX口座を持っている人なら「楽天FX-WEB」から閲覧が可能とのこと。

判定ロジックは、山中康司氏が監修

アセンダント/山中康司 が提供する為替情報配信サイト

マーケットスピードFXテクニカル教室

管理人のつぶやき

インターネットで株の売買や情報が手軽にできるようになり、株に投資する人が増えたように、
このサービスが広まればFX利用者がより増えるのでは?
と思ったら、このサービスは既にFXを利用している人限定サービスだった。。
なぜだろう???

FXって信用取引だから投資した以上にお金を損する可能性がある初心者には厳しいものだから
テクニカル分析とか適切な情報が閲覧できてそれを利用して投資できるといいと思う。
最後は自己判断だが、勝率が上がるならぜひ使いたいな。
分析通りに投資して、結果、得するか?損するか?誰か実験して欲しい。
こういうサイトが増えるとどのサイトの分析に従うと一番得するか?って比較サイトが出てくることが期待できる。
そうするとさらにFX利用者が増えるのでは?

ただ、FXは限られたお金を利用者同士で取り合うものだから、
どこかのサイトの一番ってなってそれにみんな従ったら、一部の人の従わなかった人が結果的には得をする。
得する人と損する人が常にいることを考えると、その時々で有力な情報を手に入れて活用できる人が勝つものであることには変わりない。

一見テクニカル分析を見て投資すれば儲かる!って思うけど、そう単純じゃない。
ただFX提供会社がその会社の利用者向けに有力な情報を提供することで、
自社の利用者に得してもらえば、この会社を利用してFXをしたい人を多く集められる。
楽天証券が利用者限定で情報を配信するサイトを公開した理由もその辺りにあるのかも・・。

今後は他の証券会社もFXに関する有益な情報を提供するところが増えていくに違いない。

参考サイト

楽天証券、FX投資情報サービス「テクナビ」をリリース