日本一稼げる在宅ワークのプラットフォーム「Call Share」がサービス開始

在宅で働きたいユーザーと、人手が欲しいコールセンターやコール業務のある企業をマッチングするプラットフォーム「Call Share(コールシェア)」が提供開始。

Call Share(コールシェア)について

テレマーケティング業務などを行っている会社から業務を請け負い、在宅で働くユーザーにその業務を実施してもらうマッチングサービス。
大手のコールセンターが運営をサポートすることで稼げる在宅ワークを目指す。
企業向けにも成果報酬型、リサーチ型、コール単価型、アンケート型などいろいろなプランを用意する予定。

登録無料で、未経験可

在宅ワーカーへの登録は無料で、未経験者には教育チームがサポートしてくれる。
教育チームのサポートを受けつつ、収入アップを目指せる。

今後の展開

事前マーケティングでは、3都道府県で200人以上の在宅テレワーカーが応募。
今後、1年で在宅ワーカー10000人、法人20社を目指す。

管理人のつぶやき

子育てに忙しい主婦や介護などでまとまった時間が取り難い人にとって、
在宅で好きな時間に仕事が出来るというはとても魅力的。
だが、特別な能力がない人にとってできる仕事は限られるし、時給換算すると最低時給未満になってしまうこともよくある。
在宅ワークで収入を得るというのは外でバイトするよりも困難だと思う。
そういう人でもこのサービスを使うことでバイトと同じかそれ以上の収入を得られるようになるのでは?
初心者でも教育チームにサポートしてもらえるのでやる気と素質があればできるだろうし、
新しい仕事の手段として普及すると思う。
企業にとっても、従来はコールセンターを設置して回線を用意してと設備にある程度コストがかかっていたが、
在宅ワーカーにお願いすることでそれらをなくし、業務規模に応じて柔軟にワーカーを増減させることがしやすくなるのでメリットは多いのでは?

在宅ワーカー、法人共に需要を見込めるビジネスだと思うので将来的に大きく発展すると思う。
また今後在宅ワーカー向けの新たなビジネスのヒントになる気がする。

まとめ

在宅でできる仕事が増える。
このサービスが発展することで、他の業種、仕事でも適正な収入が得られる仕事が増えていくことを期待。

引用元

Call Share

日本一稼げる在宅ワークの確立を目指し、コール業務と在宅ワーカーを繋げるプラットフォーム「Call Share」のサービスを開始しました